車高価買取攻略研究会

愛車をできるだけ高く売ろうと思っている方必見!

「どうして愛車を売りたいのですか?」

 

新車購入のため
燃費の良い車に換えたい
駐車場が高すぎる
結婚後、不要になった
子どもが増えて広い車が必要
家計的に・・

 

 

新しい車を買おう!と思ってらっしゃる方もいると思いますが、一番の目的はやっぱり『節約』じゃないですか?

 

車は、購入がゴールではなく、乗り続けるには結構な費用が掛かってしまいます。。。

 

 

私も、アルファードに乗っていますが、
ガソリン代:13,000円/月、オイル交換費: 5,000円/3ヶ月1回、駐車場代:15,000円/月、
自動車税:45,000円/年、自動車保険代:150,000円/年、車検費:210,000円/2年1回、
他にも消耗品のタイヤ代、ワイパーの交換やランプの交換費用、洗車費用等を含めると年間で
少なくとも数万円は必要なので、合計すると年間50万以上も消費してしまっています。

 

 

私の場合、保険・車検・消耗品代は知り合いが極限まで
割り引いてくれているので、この金額でも安いと言えるでしょう。

 

 

ヴェルファイアを持っている友人の話だと、大体年間で約100万円もかかると言います。
その友人は、ディーラーで全て行っていて、車検やオイル交換に私の2倍ぐらいの費用がかかっているみたいです。

 

普段当たり前と思い余り気に留めていませんでしたが、ガソリン・オイル・タイヤ代等は車に乗れば乗るほどかかってきますし、
保険や自動車税は金額も大きく、乗るかどうかに関わりなくかかる費用で改めて考えると、とてつもない出費になります。

 

 

燃費や維持費の観点でいうと、ハイブリッドカーだったら抑えられると考えている方もたくさんいそうですが、実際どうなのでしょう?

 

例えば、プリウスを見てみると、やはり燃費が良いためガソリンにかかる費用はエンジン車の半分くらいにすることができます。
税金面を見れば、登録の翌年は20,000円なものの、その次の年からは通常と同様39,500円になります。

 

重量税も、新車の購入時は免税=0円ですが、1回目の車検時には7,500円,2回目からは15,000円かかります。

 

なので、ガソリン費用と最初の税金は得するものの、年数を重ねる毎に割引額も減り、
車検,消耗品は他と変わらないため、相当な維持費はかかります。

 

ハイブリットカーであるプリウスであっても年間で40万ほど維持費はかかる計算です。

 

当然、車を維持している上で修理や部品交換は避けられないものなので、その度にお金はかかります。
更に、ハイブリッドカーの場合、中古車購入の方、長期的に乗りたい方は17万円程度バッテリーの
交換費用がかかるということを覚えておかなければなりません。

 

 

ここまで、“車は維持費がすごくかかってしまう”ということを話してきましたが
そうは言っても、もしもの時“車が無いと不便だな”と思う方もいらっしゃいますよね?

 

 

ですが、意外とタクシーを利用すれば解決してしまうものなのです。
考えてみれば、年間100万もタクシーで使おうとしてもなかなか使い切れません。

 

運転を自分でする必要もないですし、当然駐車場にかかるお金も不要です。

 

改めて考えてみると、車というのはやはり贅沢品で、
高価な車であればあるほど維持費も高くなってしまうということです。

 

そこで、思い切ってあなたも愛車を手放し、節約を目指しませんか?
但し、愛車を思い切って売るからには、なるべく高い値段で売れて欲しいですよね?

 

 

結論として、以下3つを知っていれば、愛車をより高く売ることが出来ます!
大抵の方はご存じないので実は損をしてしまっているのですが、私はこれを知っていたので65万円も得しました!

 

1:ディーラーで下取りはしない
2:そもそも下取りをしない
3:愛車の相場を認識しておく

 

それでは、順番に説明していきます。

 

 

1:ディーラで下取りはしない

 

 

「ディーラーで下取りはしない?って?」と感じた方も多いと思います。
だって車を売る時、買い替える時、ディーラに下取りしてもらうのが当然だとは思ってませんか?

 

下取りしてもらい、新車を割り引いてもらい、それで得をした気になっていませんか?

 

節約したいので愛車を売るという方には、そもそも下取りというチョイスは無いかも知れないですが
ディーラの仕事というのは、車をちょっとでも高く売りより多くの利益を儲けることです。

 

実は、その点こそが大きな落とし穴であり、あなたは大きな損をさせられています。

 

実際に下取りして新車の見積もりを見せてもらった時、下取り金額についていくらか聞きましたか?

 

新しい車の割引額や付けてもらったオプションばかり目が行ってしまい
下取り額がいくらなのかということをごまかされているのが現状なんです。

 

 

2:そもそも下取りをしない

 

 

これについても「下取りをしないってどういうこと?」と疑問を持たれたことでしょう。

 

が、そもそも論としてマイカーを下取りに出すこと自体がいけないのです。
売りたい場合は、“下取り”ではなく“買取り”にして下さい。

 

下取り=新しい車を買う際に今所有している車を売るということです。
何故ダメなのかというと、1のディーラで下取りはしない のところでも話しましたが
下取りの金額がそもそもいくらか分からずじまいになるからです。

 

下取りしてもらった金額を知らないのは、一体全体高く売ることができたのか?
安くしか売れなかったのか?損得がわかりません。
なので、ディーラでなく民間の業者や中古車屋に売るとき際にも買取りを依頼してください。

 

 

 

3:愛車の相場を認識しておく

 

 

ディーラーでは売ってはいけない、下取りもしてはいけないという話がしましたが
そもそもご自身で愛車の価値というものを認識していますか?

 

自分の思い込みだけでもう価値はないと思ってしまっていませんか?

 

それは大きな間違いで、先に例を出してしまうと、ハリアー(07年式、走行距離=5万q)がディーラーに
下取りしてもらった価格より65万円も高く売却できたという経験があります。

 

だから自分勝手に価値を思い込みで決めてしまうのではなく、愛車がどのくらいの価値なのかを頭に入れておいて損はないのです。
複数社からの査定額を理解しておき、1番高い査定結果だった業者に売ればよいのです。

 

また、直近売る予定はないけれど2年後くらいに売ろうかなと考えている方も今と2年後の価格を比べることによって、
適正な査定額というものを知ることが可能です。

 

 

“下取りではなく買取りしてもらわないと損”
“複数の業者に査定してもらい査定の相場を知っておく!”

 

ということは、ご理解いただけたでしょうか。

 

しかしながら、複数の業者に査定を依頼するのって面倒臭くないですか?

 

何社にも買取り査定を依頼して交渉している時間も無く、またその中からよく査定してくれる業者を探すとなると
考えただけでも嫌になる。。という方もいるでしょう。

 

では、そんな方が愛車を高く売りたいと思ったら、結局のところどうしたらいいのか?
ということで、★かんたん車査定ガイド★をオススメします。

 

 

これは、完全無料の超便利なサイトで、最大なんと10社の買取り価格が一括で比べることができ、
愛車の最高査定額が一目でわかります。

 

面倒な入力も無く、“メーカー名”・“車種名”・“年代”・“走行距離”を入力するだけなので、
たったの40秒で入力完了です!

 

入力するとすぐに愛車の相場が見られるというのも魅力の一つでしょう!

 

 

>>完全無料のかんたん車査定ガイドを試してみる<<

 

 

 

2016/11/26 11:02:26 | トヨタ
トヨタのコンパクトカーといえば、ヴィッツ!1000t-1500tの3/5ドア乗用車で、デザインの良さや、安全性、品質の高さなどから、根強い人気があります。1999年から2005年まで初代が発売された後、2005年から2010年まで2代目、そして2010年から現在まで3代目というふうにモデルチェンジが繰り返されてきました。新型では17色もある、豊富なカラーバリエーションも人気の秘訣です。なかでも、最も人気があるのは、シルバーメタリックです。大事に乗ってきたヴィッツですが、そろそろ車検も近づいてきたし、売りに出そうかなと思っている方もいらっしゃるでしょう。これから、より賢く愛車を売るために、絶対に...
2016/11/22 09:11:22 | ニッサン
1990年代は、RVブームに続いてステーションワゴンが流行り、日産ウイングロードもその流れに乗って登場してきた車種です。ウイングロードは、1.5Lから2.0Lまでのエンジンを搭載(現行型は1.8Lまで)、ボディサイズも5ナンバー枠に収まる 小型のステーションワゴンです。初代の登場が1996年〜、2代目は1999年〜、そして現行となる3代目は2005年に、それぞれ発売されました。キャラクター的にも明るくライトなウイングロードは、小型のため取り回しもしやすく、様々な層に受け入れられ、人気を得て来ました。2代目ウイングロード以降は、オーテックジャパンが架装を行なう「ライダー」を設定、エロパーツやビレ...
2016/11/16 11:15:16 | ニッサン
スカイラインは昭和32年に初代が登場したという、とても長い歴史があります。レースで50連勝の快挙を果たした3代目のスカイラインは、知名度は今も色あせていませんが、その後もR32でGT-Rが復活するなど、「最速のスカイライン」はいつの時代も健在でした。各モデルで名車を世に残すスカイラインは、絶版車を求める人も多いため、今も引く手あまたです。このような事情から、中古の買取においても価値が認められやすく、高値が付く傾向にあるのです。スカイライン査定の相場各年代のスカイラインも、グレードや装備により査定価格が様々です。スポーティグレードなどであれば高額買い取りをしてもらうことも可能です。新しめのところ...
2016/11/11 10:55:11 | トヨタ
より手頃なサイズのハイブリッドカーとして、トヨタが2011年に導入したのがアクアです。プリウスは世界初の量産ハイブリッドカーとして1997年に発売されましたが、モデルチェンジごとに排気量・ボディサイズともに拡大されていき、販売も大きく振るわなくなりました。そのため、トヨタにとっては、初代プリウス以来の5ナンバーハイブリッドとして手頃な価格と使い勝手を実現したのがアクアとなります。燃費の良さはプリウスに一歩譲りますが、その手頃さが日本では受けています。価格を見ても、プリウスでは二百万円オーバーからとなりますが、アクアでは三十万円も安い価格帯からの設定となっています。中古でアクアを手に入れたとして...
2016/11/09 09:13:09 | ダイハツ
ダイハツから発売されているタントは2003年からファミリー層向けに発売されている軽自動車です。軽自動車とは思えない室内空間の広さで、福祉車両に使われたりもしています。長年乗ってきた場合、どうせ軽なので、壊れるまで乗り続けようと決めている方も、できるなら少しでも高い価格で売りたいと考えている方もいるでしょう。でも初期のモデルに乗っていらっしゃる方だと、もう10年以上も経っていますし、たくさん乗ってきたのでどうせ安い査定しかしてもらえないと諦めていませんか?でも諦めるのはまだ早いです。年数が経って走行距離が増えるほど査定内容にも差が出る可能性が高いです。人気の軽、タントの相場を知ろうFF駆動の4速...
2016/11/08 10:22:08 | トヨタ
若者を中心に大人気のトヨタVOXYは、7-8人乗りの広い室内空間と快適な運性能を誇るミニバンです。2001年に初代が登場し、2007年までAZR60・AZR65型、2008年から2013年までZRR70・ZRR75型=2代目、そして、2014年から現在まで3代目 ZRR80・ZRR85型とモデルチェンジしながら販売されています。3代目ではハイブリッドタイプも登場し、また、そのモデルにも「煌」という特別仕様が作られるのも特徴の一つです。ヴォクシーがネッツ店系列で発売されるのに対し、カローラ店系列で発売される兄弟車のノアとよく比べられますが、性能はほぼ同じです。大きく違うところと言えば、デザイン性...
2016/11/01 14:39:01 | ニッサン
キューブと聞くと、すぐに思いつくイメージは軽自動車並みにコンパクトな車ということです。軽自動車並みなら、普通車の税金を払うなんてもったいないと思う人もいるかもしれません。でも、この車ってオシャレな所がたくさんあります。名前のイメージ通り、四角い外観に、11種類もあるボディカラー。特に、コンランプラス(2006年限定販売)はイギリスの住宅やテナントのデザインを手掛ける会社がデザインしただけあって、車とはかけ離れた室内となってます。さらに、バックドアが横開きで、後ろにスペースがない時でも開けやすいです。また、はね上げるよりも力をかけなくて済みます。こういうところが女性にとっての心配りと言えます。大...
2016/10/31 10:46:31 | マツダ
サバンナの後継としてマツダが開発したRX-7,ロータリ(ヴァンケル)エンジン搭載のピュアスポーツカーとして根強い人気のある車種ですよね。コンパクトサイズの2ドアクーペで、極限まで軽量化を追求したハイパワーも魅力。コーナリング、ハンドリング性能もとても良いのが特徴です。1300tにも関わらず3000tクラスのパワーを感じさせます。RX-7は、1978-1985年に初代SA22C(FB3S)型、1985-1992年に2代目 FC3S/FC3C、1991-2002年まで3代目FD3S型 が製造/販売されていました。来年(2017年)東京で開催されるモーターショーで新型RX-7が久々に発表されるという...
2016/10/20 19:02:20 | ホンダ
S2000といえば、1999〜2009年まで販売されていたホンダのオープンカーです。エコ性能を追い求め燃費のよい人気の車です。さて、そろそろ売りたいなと思っていらっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、最も新しいモデルでも2009年製。既に7年前のモデルですし、走行距離もそれなりに行ってしまっているので、どうせろくな価格にはならないだろうと考えていませんか?年数が経てば経つほど、走行した距離も長くなりますし、コンパクトカーが流行りの昨今じゃオープンカーは高くは売れないと思われるでしょう。ご自身のS2000に愛着があって、継続して乗りつづける方もいれば、機会があれば売ってしまいたいと思われる方もいる...
2016/10/20 09:18:20 | トヨタ
トヨタのプリウスといえば、もう大抵の方がご存知ですよね?!長い間燃費の優れたハイブリットカーとして広く親しまれている車ですね。近年は、電気・PHV等いろんな車種も追加され、モデル変更により更にスタイリッシュになって人気もUPしています。しかし、購入してからだいぶ年数が経っていたり、走行距離がだいぶ行ってしまっているとか、色やグレードが人気がなさそうとか、どうせ売っても微々たるものにしかならない。なんて初めから諦めてはいませんか?ずっと長い間乗っていた車で、また車検のタイミングがやってくると、もう一度車検に出して継続して乗るか、はたまた車を下取りや買取りしてもらって新車を購入するか悩む方も多いの...